効果で選ぶ胃薬の選び方

胃薬といっても様々な適用効果や成分の薬が販売されています。どの薬が効果的なのか素人の方では判断が難しいものです。間違った選び方で逆に症状を悪化させてしまう場合もあるので、しっかりと知識をつけてご使用ください。

胃痛の種類で使い分ける胃薬スクラート

胃は精神的な影響が強い部分だとされています。イライラしたり、強い不安や緊張を感じた時に、きりきりとした胃痛を発症することがありますが、ストレスによって胃粘膜が傷ついてしまった状態です。
別の胃痛としてもやもやとしたタイプもありますが、これは暴飲暴食を行った時に胃粘膜が炎症を起こし、消化不良を発生させている例が目立ちます。
そのまま放っておけば、次第に症状がよくなることが多いですが、辛い痛みから解放されたいなら、胃薬を使ってみましょう。
空腹時に効果が出る、スクラートという胃薬があります。スクラートの有効成分が、胃痛の原因である胃粘膜を保護してくれますので、刺激になる胃酸を傷ついた部分に触れないようにブロックしてくれます。
胃が荒れている、空腹時の状態ではプラスイオンに傾きますが、スクラートを飲むと胃をマイナスイオンに促してくれることから、空腹時の方が効果が出やすくなります。
胃薬のスクラートには、何種類か存在し、胃の痛みに合わせて使い分けるのが効果的です。
空腹時に痛みが出る特徴のある人は、ストレスによって胃粘膜が傷ついている可能性が高いため、黄色に青で文字が印刷されたパッケージの、顆粒と錠剤タイプを選びましょう。
胃の痛みだけでなく、もたれなどの別の症状も胃の部分に感じるのであれば、暴飲暴食や加齢などが原因としてありますので、黄色に緑の文字が印刷されたパッケージの、散剤や錠剤タイプを選択してみましょう。
この胃薬は第2類医薬品であることから、薬局やドラッグストアで購入することができる市販薬として、流通しています。インターネット通販も可能ですので、まとめて購入したいなら通販を利用した方が便利でしょう。